便利で役立つ飲料自販機

あなたがつくる
自販機ビジネスの
明日のために

自販機は、ただ飲料を販売するだけでなく、
暮らしのさまざまな場面で、
人々に便利や安心を提供しています。
その自販機運営のプロであるルートセールスは、
社会に貢献できる仕事です。

*ルートセールスは、主に飲料自販機の
運営・管理を行うルートセールスを対象にしています。

暮らしのいたるところで、
自販機は活躍しています。

飲料の提供

飲料自販機は、全国で約240万台設置されています。加工食品産業の中でもトップクラスの約4兆円規模(生産者販売金額)を誇る飲料を、いつでも、どこでも、おいしく、全国のお客様にお届けする、なくてはならない販売チャネルです。

社会貢献・安全の取り組み

飲料自販機は、飲料の提供以外に、社会貢献として「住所表示ステッカーの貼付(自販機設置場所の住所が書かれたステッカーです。緊急時などに現在地を知りたいときに役立ちます。)」の活動を推進しています。また2008年に、自販機設置の安全性の確保の対策として、大地震による自販機の転倒を防ぐための新たな「自動販売機据付規準」を制定しました。

環境への貢献

飲料自販機は、消費電力量削減に積極的な取り組みを展開し、年々総消費電力量の削減を実現しています。具体的には、最新の省エネ機であるヒートポンプ式自販機の導入およびルートセールスの活動による屋外設置自販機照明の24時間消灯などの結果、2018年に2005年比で63.8%の総消費電力量の削減を実現しています。

災害時の貢献

飲料自販機は、災害時にライフラインが寸断されたときにも、飲料を購入できる、なくてはならない社会インフラとして役に立っています(停電時以外)。また、災害時に自販機内にある商品を無償提供できる機能を備えた自販機が増えています。

飲料自販機は、大きく「缶・PET自販機」と「カップ式自販機」に分類されます
①缶・PET自販機は、主に缶・ペットボトル容器に入った飲料を販売する自販機です。
②カップ式自販機は、自販機内部に調理機能を持ち、カップ容器により飲料などを販売する自販機です。

自販機ビジネスとは?

自販機は、私たちの暮らしにとても身近な存在です。社会インフラである自販機オペレーターのビジネスは、
社会を支えている産業であり、そこで働くルートセールスは、人々の毎日の生活に寄り添う仕事です。

*自販機オペレーターは、主に飲料・食品を販売する自販機のオペレーターを対象にしています。

飲料自販機の普及台数

さまざまな商品を販売する自販機が、日本全国に約420万台も設置されています。その中でも飲料自販機は88%を占めており、お客様への飲料提供の重要な役割を担っています。

生活に密着している飲料自販機

飲料自販機は、コンビニや飲食店の店数を、はるかにしのぐ台数が設置されています。365日24時間、お客様の潤いのある暮らしを支えていきます。

ルートセールスという仕事。

ルートセールスの業務内容

ルートセールスは、お客様と自販機の接点となる重要な仕事です。
ルートセールスは、ロケーション(自販機設置場所)を計画的に巡回し、ロケーションに応じた商品の選定・管理・補充、自販機へのPOPの貼付、自販機および周辺の清掃、売上金の回収・管理などの業務を担っています。
また、ロケーション先の顧客とのコミュニケーションおよび顧客への提案も重要な業務です。

ルートセールスの1日

あなたも、社会を支える自販機オペレーター業界で、
働いてみませんか?

各社では、優秀な人材を求めています。あなたも私たちとともに働きませんか。

日本自動販売協会の会員一覧 はこちら

ルートセールスには、
こんな楽しさがあります。

ポイント1

自販機一台一台をプロデュースする店長

ルートセールスは、自販機一台一台の管理・運営を任された店長です。自販機設置場所の特性に合わせて、商品を選定したり、季節ごとの商品の切り替えの時期を決めるのも自分の裁量です。単純作業ではなく、自分の創意工夫で、魅力ある売れる自販機を創る喜びがあります。

ポイント2

自分の頑張り次第で昇給・昇格が実現する

ルートセールスは、自分の創意工夫と活動により売り上げを伸ばすことができます。成果を出せば昇給・昇格が実現する、実力主義の仕事です。ルートセールスからスタートして、営業所のマネジャーそして営業所長へと、キャリアアップの道が開かれています。

ポイント3

お客様から直接、「ありがとう」を言われる

ルートセールスは、飲料を販売する業務の中でお客様との距離が近い仕事です。お客様のニーズを反映した魅力ある自販機を創ることで、お客様から「この商品を入れてくれて、ありがとう」の言葉を直接いただける、お客様の喜びを実感できる仕事です。

ポイント4

自分の時間をコントロールでき
ワークライフバランスが充実

その日のスケジュールを自分で組み立てるので、自分の時間をコントロールできます。段取り良くロケーションを回れば、その日の仕事が終わり次第、好きな時刻に退勤できる会社もありますので、ワークライフバランスが充実します。

ポイント5

マイペースで仕事が完結

通常1人で担当エリアを回るので、マイペースでモクモクと働きたい人に向いています。営業所では同僚たちと談笑したり、お客様と会話をする機会があるので、孤立感はありません。

ポイント6

地元で働くことができる

自販機オペレーターは、日本全国にありますので、安定・安心して地元で働くことができます。地元で働くことができるので、家族や友人との時間を大切にできるうれしさがあります。

*ルートセールスの楽しさは、一般的な自販機オペレーターのルートセールスを想定して作成しています。 全てのルートセールスに適合しない場合があることをご了承ください。

自販機オペレーター業界の働き方改革を、進めています。

  1. 残業時間の罰則付き上限規制
  2. 有給休暇の取得の義務化
  3. 勤務間インターバル制度の努力義務
  4. 割増賃金率の中小企業猶予措置廃止
  5. 労働時間把握義務(産業医の機能強化含む)
  6. 同一労働同一賃金の原則の適応

自販機ルートセールス 働き方改革ガイドブック
こちらからダウンロード

求職者の方から、
よくいただく質問。

Q1

将来性はありますか?

全国で約240万台の飲料自販機を展開している自販機オペレーター業界は、将来性のある業界です。人の暮らしがある限り、AIの進化があっても将来にわたって安定的な人材ニーズのある数少ない業界です。

Q2

体力的に長く働くことができますか?

自販機オペレーター業界はIoTの活用により業務の効率化がますます進んでいく業界ですので、ルートセールスにかかる体力的な負担も軽減されていきます。年齢を重ねて体力が落ちてきても、長く働き続けることができる仕事です。

Q3

残業が多いのでは?

業界として働き方改革に取り組み、労働時間の削減を進めています。ルートセールスの業務は、システムの導入により業務効率化、業務削減が進んでいます。また、業界全体で働き方改革関連法案の遵守の取り組みを推進していますので、他業界と比べて残業が多いことはありません。

Q4

休日、有給休暇は取れますか?

法定休日は確実に休むこと、10日以上の有給休暇を付与されている従業員には5日以上有給休暇を消化することといった、働き方改革関連法案を各社は遵守しています。業界あげて働き方改革に取り組んでおり、積極的に有給休暇を取ることが奨励されています。

Q5

女性も活躍できますか?

ルートセールスの業務は、システムの導入および多様な巡回ルートの設定・運用により、業務効率化が進んでいますので、女性にも適した働き方が可能です。女性のきめ細かいフォローにより、男性以上にお客様の信頼を得ているケースも多いです。

Q6

未経験でも大丈夫ですか?

未経験の方でも、通常、入社後の研修がありますので心配はありません。営業所の先輩社員のもとで仕事をスタートしますので、独り立ちできるまで丁寧に仕事を教えてくれる環境です。また、ルートセールスの業務は、定期的な巡回と定常業務が基本ですので、すぐに慣れると思います。

*Q&AのA(回答)は、一般的な自販機オペレーターのルートセールスを想定して作成しています。全てのルートセールスに適合しない場合があることをご了承ください。